ブローネマルク法が最も信頼できる

インプラントとは人工歯根という意味です。これは、歯を支えていたあごの骨にドリルで穴を開け、歯の根のかわりとなる支柱を埋め込み、その上に人工の歯を装着する方法です。人工歯根に使われるのはチタンですが、これは、チタンが骨と結合する性質があるのでそれを利用して固定します。物をかむ力は、自分の歯と同程度に回復し、残った歯を削ることもないので見た目も美しい仕上がりです。現在のインプラント治療でもっとも信頼されているのは、ブローネマルク・インプラントです。

骨の治癒期間が必要なので手術は2回が原則

ブローネマルク法は手術が2回に分けられています。1回目の手術では、歯を支えていたあごの骨にドリルで穴を開け、歯の根のかわりをするフィクスチャーという支柱を埋め込み、歯肉を縫合します。そして、人工歯根が骨と結合するのを下あごで3か月、上あごで6カ月程度待ちます。2回目の手術で再度歯肉を切開し、人工の歯を装着するアバットメントという部品を取り付けたら、型を取って人工の歯を作って装着します。最近は、簡単に済ませたいという患者の要望から1回の手術で人工の歯をネジやセメントで装着する処置まで行う方法が普及していますが、あごの骨が固く量もじゅうぶんでないと失敗するリスクがあるので注意が必要です。

インプラント治療を受けられないのはこんな人

インプラント治療は、骨の成長期にある子ども以外は基本的に誰でも受けられますが、血液の病気や免疫不全などを持っている人は受けられません。また、糖尿病や高血圧など生活習慣病をかかえている人は、内科医と相談したうえで治療することになります。歯が抜けて長年放置していたり、あるいは歯周病があったためにあごの骨が極端に減ってしまった人の場合は、骨の不足部分を補充する骨移植などの治療を先に行うことで、インプラント治療が可能になります。

三鷹のインプラントなら評判の良い歯科医師が行ってくれるので痛みや歪みなどもなく完璧な仕上がりにしてくれます。