植毛の方法と人工植毛の特徴

額の生え際や頭頂部の髪がどんどん薄くなっている事で悩みを抱える人は、少なくないものです。そのような薄毛の悩みを解消するための対策もいろいろあるものですが、その中でも植毛の施術方も注目されているものです。植毛とは、頭皮に直接毛を植え込む施術法で、人工毛を植え込む人工毛植毛と自分自身の毛髪を移植する自毛植毛の方法があるのです。人工毛植毛は、ポリエステルなどの合成繊維の素材の人工毛を使用することで、1回の施術で、量や長さが自由に出来、イメージ通りのスタイルが可能です。

自毛植毛のメリットとは

自毛植毛とは、自分自身の最も薄げになりにくいと言われる後頭部や側頭部の毛包組織を採取し、薄毛の部分に移植する方法です。何と言っても自分自身の毛包細胞のため、髪が定着すれば、髪色や髪質など既存の髪と変わらず自然な仕上がりを実感できるものです。更に、メンテナンスも必要なく、毛が抜けたとしても、また生えてくるなど、健康的な自然サイクルを取り戻す事が出来、ほぼ生涯にわたり生え続けるなどが大きなメリットと言えます。

植毛のデメリットとは

やはり、優れた施術法の植毛でも、いい事ばかりではありません。人工毛植毛は、異物を植え込む為、人によっては、拒絶反応を起こし、皮膚が炎症したり化膿したりのトラブルになる可能性もあります。一方自毛植毛は、一時的に抜けたりすると新しく生えるのを待つ事が必要だったり、生えそろうまでに長い時間を要しますので、すぐには、人工植毛のように理想のヘアースタイルを実感するのは難しいと言えます。このようにそれぞれのデメリットを理解した上で、施術を検討されることをお勧めします。

現在は、男女を問わず薄毛に悩んでいる人が増えています。もしも植毛を考えているならば、各メーカーの製品を慎重に比較しましょう。