ソフトコンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズには、いくつかの種類があり、ソフトレンズとハードレンズ、さらに使い捨てレンズなどがあります。通常のソフトコンタクトレンズは、黒目より大きく柔らかなレンズで、使い捨てに比べると安価であり、目にフィットし、装備中の違和感も無く、ずれにくく、はずれにくいので、激しいスポーツにも最適なんです。しかし、消毒や洗浄のまめなメンテナンスが必要で、目に異物が混入しても気づきにくいので、目の障害を引き起こす事に繋がる場合もあるんです。そこで、定期的に検診される事をお勧めします。

ハードコンタクトレンズのメリットとデメリット

ハードコンタクトレンズは、黒目より小さく、かたいレンズで、乱視矯正に最適で、ソフトレンズに比べるとケアが簡単であり、最も経済的でもあります。目にゴミなどの異物が混入したり、異常があれば、目に違和感や痛みなどが伴うため、目の異常を早期に感知する事が出来るものなんです。但し、レンズが黒目より小さいため、レンズがずれ易く、また、時としてレンズが外れてしまい失くしてしまう可能性もあるので、装備中は注意が必要なんです。更にはじめて使用した際は、慣れるまでに1週間位かかります。

使い捨てレンズのメリットとデメリット

使い捨てコンタクトレンズは、ソフトレンズ型で、ある一定の期間使用したら、新しいレンズに交換するタイプのものなんです。期間は、1日のものから1週間単位、1ヶ月型までそれぞれですが、メンテナンスも簡単で、特に1日のものは、消毒・洗浄などのメンテナンスが不要ですよ。定期的に新しいものと交換するので、もっとも衛生的と言えます。只、何よりも経済的にコストが掛かるのがデメリットになります。それぞれのコンタクトレンズの特徴とメリットとデメリットを考慮し選ぶ事が大切です。

コンタクトが初めてでも、現在のコンタクトレンズでも安心して着用する事が出来るようになっていますので安心です。