従来型のハード、ソフトコンタクトレンズ。

かつてコンタクトレンズと言えばハードかソフトの2種類でした。ハードは慣れるまでに時間がかかるけれど、一度使い慣れてしまうと手入れが簡単で、レンズ自体が小さいため酸素が目に届きやすく、角膜への負担が少ないというメリットがあります。また寿命もソフトに比べて長いため経済的です。一方ソフトの一番のメリットは装着感の良さで、ほとんど違和感なく使うことができるため、初めての人でもすぐに慣れるケースが多いのが特徴です。ただ、その分目の障害に気づきにくかったり、ハードに比べてレンズケアに少々手間がかかる点などがデメリットとしてあげられます。

衛生的で使い方も楽チン、使い捨てタイプ。

最近多いのがこちらの使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズです。1日使い捨てタイプはその名の通り使う時に装着するだけ。使い終わったら外して捨ててしまえばいいので、手入れいらずの優れものです。毎日新しいものを使うので非常に衛生的ですが、その分少々割高になります。1週間や2週間の使い捨てタイプもあり、こちらは毎日使い終わった後にレンズケアが必要ですがその分経済的なので、使い捨てタイプを使用する場合、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。

オシャレも楽しみたい、サークルレンズ。

もはやコンタクトは視力の矯正だけではなく、おしゃれアイテムにもなりました。カラーコンタクトは瞳全体を色で覆ってしまいますが、サークルレンズは瞳孔の外殻だけサークル状に色をつけてあるため、カラーコンタクトに比べて自然な仕上がりになるのが特徴です。1日や2週間の使い捨てタイプがあり、装着すると瞳が大きく見えるため、若い女性に特に人気があるソフトコンタクトレンズです。ただし通常の透明のコンタクトレンズに比べて、着色部分が影響して視界が狭くなるとも言われているため、きちんと病院で診察を受けてから使用することをお勧めします。

コンタクトの度数は目の状態に合わせて使わなければ視力がより悪くなります。定期的に眼科で診察を受けることが目の健康のために大事です。