MRIとはどのような医療機器?

病院にいくと様々な検査が行われますよね。その中でもMRIで検査を受けたことがある人も多いと思いますが、実際にこのMRIとはどのような医療機器なのか知らない人も多いでしょう。このMRIとはMagneticResonanceImagingの略称になります。日本語では磁気共鳴画像法になるのですよ。これはドーム状の筒の中に入って検査をするのですが、筒の中は強力な磁石でできていて、磁気の力と電波を使って身体の断面などを検査していく方法なのですよ。

MRIではこんなことが検査できる

ではMRI検査ではどのような事が分かるのでしょう。MRIでは身体の断面図を見る事ができるため、臓器や血管などの問題を見つける事ができるようになるのですよ。例えば慢性的な頭痛やひどい頭痛が起こった時など検査する事によって、くも膜下出血や脳梗塞、もやもや病などを発見する事ができます。他にも内臓にできたガンや子宮筋腫、椎間板ヘルニアなど様々な身体の内部の問題点を知ることができるのです。また時には血管に造影剤を流して検査する事もあるのですよ。

MRI検査が受けられない場合とは

MRI検査は誰でも受ける事ができる検査ではないのです。妊娠中の場合は受けられない事が多いのです。MRI検査での胎児への影響は報告されてはいないのですが、安心のためMRI検査しない事もあるのですよ。またペースメーカーや体内に金属を装着している場合には時期の影響を受けてしまうため検査を受ける事ができないのです。そしてドームの中に身体がすっぽり入ってしまうため、閉所恐怖症の方も受けるのが難しい検査方法なのですよ。

RO装置とは、水から不純物を取り去って人工透析に使用できるようにする装置です。逆浸透という方法によって水の純度を高めます。