レントゲンって体に危険じゃないの?

レントゲンというと放射線をあびるということから心配されるかたもいますよね。レントゲン写真の放射線はどのくらいの量なのでしょう。レントゲン写真の放射線は体に障害がでない微量の量となっています。その量は体に影響がでない250ミリシーベルトといわれており、レントゲン撮影をする部位によりこの数値よりも圧倒的に下回る数字で撮影をおこないます。250ミリシーベルトという数字は全身に放射線をあびた量になるため、心配する数値ではないでしょう。

なぜレントゲン撮影をするのか?

レントゲン撮影は、触診・視診ではわからない目に見えない部位を写し出すだめには必要不可欠なものです。レントゲン撮影を行うことで目に見えなかった小さな病気を発見することができたり、影などが写ることからとても重要なものですね。また骨が骨折した場合には骨折の度合もしっかり写るため、どの程度の損傷かもレントゲンでわかるのです。レントゲンを撮ることにより早期発見ができ、早期治療につながり命が助かるということも少なくありません。

レントゲンは体の不調を見つける

上記に述べたことから、レントゲンは人の体調不良を目で確認することができるため、必要不可欠なものですね。そして何か異常を発見した場合には定期的に検査をして経過観察をしてゆくことがとても大切です。自分自身の体を守るためにも、必要とされるレントゲン撮影は躊躇せずに撮影を行いましょう。体には様々なところでレントゲン写真を必要とする場面があります。医師の指示のもとレントゲン撮影で自分自身の体を守っていくことが大切ですね。

医療用水設備は、各種医療の使用目的に応じて水を製造・供給するシステムです。手術前後の手洗い、器具の洗浄、患部の消毒など多量の水が消費されます。使用後、周辺環境に影響を与えないで排出するのも重要になります。病院では、院内感染の予防や環境に影響を与えない目的から高品質かつ安全で専門的な水が必要になります。